育児にも仕事にも悩むけど、笑顔の自分が一番好き。そんなママを目指して♡

menu

笑み咲くキャリア

Global Summit of Womenフォーラムに参加して

先日、「女性のリーダーシップが社会を変える 女性版ダボス会議 Global Summit of Women(GSW)フォーラム」に参加してきました。 以前からGSW(※)には興味を持っていましたが、会議開催が海外(今年はポーランドのワルシャワ、2016/6/9-11に開催)でした。子どもを主人に預けて宿泊することにハードルが高い私は、うらやましく思いながら発信される情報を見ていました。でも来年は東京で開催されると知り、一度参加者の方の声を聞いてみたいなと思っていたところ、2016年の大会報告と来年の開催に向けたフォーラムがあるというので思い切って出かけました。

2016年ワルシャワ大会の報告から

3つのテーマがあったようです。 1.デジタル時代における女性活躍(Industry4.0の時代) 「フォノ(Phono)・サピエンスの惑星」に生きる女性活躍はICT(Information and Communication Technology)抜きには語れない。 2.経営戦略としてのダイバーシティをどう活かすか 女性登用は、企業の成長発展に効果があると確信を持つ男性経営陣だが、クォータ制には賛否両論ある。 3.Compete(競争)からCollaborate(協同)へ 女性のコラボレーションに必要なものは、ビジョン、情熱、コミットメント。 専門的な言葉が多くて、ちょっと難しい印象ですよね。 私なりに、すごーく噛み砕いて解釈すると、情報通信技術を抜きにしては成り立たない社会において、それをうまく活用し、これまで男性が中心となり作り上げてきた「競争」をベースとした働き方から、女性が女性らしく働くことをテーマにした大会だったのかな、と思いました。 参加者の感想は、初めは「私なんて」と尻込みする気持ちだったが、勇気を出して参加して、女性の悩みは万国共通だと安心したとか、とにかく刺激をもらったという言葉が多く聞かれました。 また、大学生も参加していて、彼女たちなりに、世界における日本に位置づけや、若手起業家の話に刺激を沢山もらったとお話してくれました。日本は素晴らしい国ですが、井の中の蛙では、これからの社会では通用しませんからね。いい経験を積まれたなぁと感じました。 参加された荒金雅子氏が、詳しく報告を書かれていますので、そちらも良ければ読んでみてくださいね。(NPO法人GEWELのブログ http://blog.gewel.org/?eid=240593

2017年東京大会に向けて

私は人事の専門家でも、ダイバーシティ推進の専門家でも、経営者でもありませんが、来年、東京で開催される大会には、ぜひ参加してみたいなと考えています。 日本の女性活躍は、まだほんの一部の人たちだけに向けられた話のように感じていて、それを払しょくできる大会になったらいいなという思いもあります。そして、世界から見た日本、客観的な意見に直接触れてみたいし、感覚的に、わくわくしそうだから(笑)です。 不純な動機といえばそこまでですが、自分の視野を広げ、新たな世界を垣間見て、感じることに素直に従ったらどうなるかが楽しみなんです。英語力はさておき(笑)その場でしか感じられない臨場感って、やっぱりすごく影響があると思うので。。。 ただ、一つ準備するとしたら、自分の中でテーマを持っておくことと、それに対する自分の意見をしっかり確立させておきたいということです。他者の意見は他者の意見、でも私はこう思う、なぜなら・・・と説明できるようにしておくことでしょうか。

女性の生き方を多角的に考えたい

企業で働くことも、独立起業して働くことも、パートタイムで働くことも、結婚や出産をすることも、働かず家庭のことをしっかりやることも、子育てに専念することも、どれも素晴らしい生き方です。 自分が大切にしたい価値観に従い、生き方を選べばいいと思います。でも、自分で選択した生き方には責任を持つことです。他者や環境のせいにして文句や不満を言いたくなるのなら、それは、自分の価値観や感情と一致しない選択をしているからではないかと思います。 日本にはまだ、女性の生き方として「これが王道」というものが根付いています。世界に目を向けると、日本でいう「王道」が、必ずしも「王道」でないことに気づきます。国を超えた議論が可能な場で、それを肌で感じられたら、自分の生き方に自信が持てるかもしれないし、ヒントを得られるのではないでしょうか? 勝手に参加して、勝手にわくわくした出来事のご紹介でした。 ※Global Summit of Women(GSW)とは: 先進国新興国まで世界90か国のビジネスリーダーや閣僚など世界的な女性リーダー1200人が一堂に会し、活発な議論が行われる国際会議。女性版ダボス会議とも呼ばれている。 1990年にカナダ・モントリオールでスタートし、毎年、世界の主要都市を会場に開催されている。 女性の国際会議は多々あるが、GSWが際立つ点として、真の意味でのグローバルな国際会議であることと、テーマを「女性と経済」にフォーカスしているところにある。 (出典:2016/7/13 「女性のリーダーシップが社会を変える 女性版ダボス会議 GSWフォーラム」配布資料より)

関連記事

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031