ジョブ・クラフティングで自分らしさを見つけ、「やらされ感」を「やりがいのある仕事」に変えよう!

menu

笑み咲くキャリア

子育てで迷った時、拠り所としていること

今回は子育てネタです。とはいっても、これは、親子関係だけでなく、職場でも、パートナーとの関係でも使える考え方です。 私は別記事でも書いたように、先日、プレシャス・マミーの認定コーチの資格を取りました()。影響を受けた、プレシャス・マミーの谷あゆみ先生の著書「東大脳は12歳までに育てる!」から、印象的な言葉をご紹介しようと思います。

心配しない

子どもの健康、友人関係、勉強の理解度、将来のこと…親として、子どもに対する心配はつきものです。 でも、「心配」は「うまくいかないだろう」というネガティヴな親の思いから起きる。 それを「うまくいっている」とイメージすることで、子どもに対する言葉がけも変わり、それが子どもに自信と勇気を与える。 以前、仕事で上司に信じてもらって嬉しかった話(☆☆)を書きましたが、大人同士でも、心配されるより信じて任せてもらえると力が湧きます パートナーとの関係も同様です。 例えば、母親である自分が美容院に行っている間に子どもの面倒をパートナーにお願いする時。 「ちゃんとご飯食べさせてるかな」「楽しく遊んでるかな」 と心配になること、特に初めてパートナーに預けて出かける時は心配になります。 でも、そこでパートナーを信じて、楽しく遊んでいるイメージを持つと、安心できるし、パートナーも信じてもらえてうれしいし、そのいい波動がいい結果を生みます。 「心配ご無用!」

「聴く」を徹底する

日常生活の中で、私たち親は、子どもの話をどの位真剣に聴いているでしょうか。 「聞く」という漢字でなく「聴く」を使うことに意味があります。 大人にとっては大したことではないことも、子どもにとっては一大事なこともあります。 それを、子どもの気持ちに共感して、集中して、聴く。 しっかり話を聴いてもらった満足感、安心感は、誰もが一度は感じたことがあるのではないかと思います。自分の子どもにも、そういう満足感、安心感を与える親でいたいなと、私は思っています。 自分が誰かに話を聞いてもらいたい時の気持ち、その時のどんな態度が嬉しいかを考えたら、「聴く」姿勢として何がいいか、自ずとわかりますね。

選択肢を与える

学生時代は、親からの指示や先生からの指示で動いていても、親から見れば自分の言う通りになるいい子、先生から見てもいい子、です。 けれど、いつまでも指示待ち人間でいいのでしょうか? 自分の意思で選んで、これだ!と決めたことをやったら、楽しいし、喜びも大きい。たとえ上手くいかなくても、その理由を自分で考えることができます。 「誰かにやらされた」ことが上手くいかない場合は、その理由を外側、環境や他人のせいにしてしまいます。 人のせいにする人生より、自分で歩く道を納得して決める人生の方が楽しいですよね。 それでも、子どもが選んだ選択に対して、親の方が、知っていることが多いし、経験もあったりすると、ついつい、子どもの行動に口出ししてしまいます。 でもここはぐっと、子どもの力を信じて、口出しはガマン、ガマン。 自分で選び、決めて、実行したことには、子ども自身が責任をもつ。それが、自信につながります 子どもの人生は、親のものではなく、子ども自身のものですからね(笑)

まとめ

私は子育てを経験し、子どもに対する親の接し方を学ぶうち、これは子どもだけに限った話じゃないなと思い始めました。 上に書いた3つのことは、本では子どもを対象として書かれていますが、相手が大人であっても使えます。 子育てから、大人同士のコミュニケーションに活かせることって、すごく沢山あるんですよね。 だから、母であることにもっと誇りを持って、自信を持って! 自分が落ち込んだ時のエールも込めて、書きました。一人でも多くのママに届きますように。

Follow me!

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031