育児にも仕事にも悩むけど、笑顔の自分が一番好き。そんなママを目指して♡

menu

笑み咲くキャリア

新生児用品で使わなかったもの

今回は、新生児用品で、私が使わなかったものについて書いてみます。 ■ベビーゲート キッチンへの入り口、階段への入り口など、ハイハイし始めた赤ちゃんが入ってきたら危険な場所への出入りを防ぐためのゲートです。 我が家もはじめは、キッチンへの入り口につけていました。けれど、私がキッチンに入る度、号泣大会の娘(笑)泣いて待っていてもらうことに罪悪感を感じた私。つらかったので、結局おんぶしてキッチンで料理するか、娘が寝ているときにキッチンに立つか、の2拓となりました。 娘が伝い歩きをはじめ、足取りが徐々にしっかりしてくると、今度はベビーゲートに指を挟みそうでハラハラ。 キッチンでの作業に興味津々なのを、ゲートで遮断することもないな、と思ったのと、親がゲートの存在を煩わしく感じたために、2か月ほどつけていましたがあっさり撤去しました。 撤去したけれど、危険なことは起きていません。なぜこの場所が危険なのかを、繰り返し説明していれば大丈夫です。 でも、階段のあるおうちには、転落防止のために、あった方がいいかもしれませんね。 ■おくるみ(アフガン) 私の実母が、出産前にキルトで手作りしてくれました。レースいっぱいの真っ白でかわいいものです。 けれど、出産による入院から退院する時に、1回使っただけ(笑) かわいくていいのですが、娘が想定以上に大きく生まれてしまったため、すぐに抱っこひもでの抱っこになってしまったのと、アフガンがやや小さ目だったのと、夏生まれの娘を連れて歩く時はアフガンは暑くて必要なし、ということで。。。 秋、冬、春生まれだったら、使えたかもしれません。母も「夏生まれには要らなかったわね(苦笑)」と申しておりました。 ■沐浴剤 退院して1週間ほどは、スキナベーブというものを、沐浴時に使用していました。 でも、個人的に固形石鹸のほうが使いやすくてやめてしまいました。 確かに滑らなくて便利だったのですが、さほど泡立たないし、洗い流せているかどうかいまいちわからなくて。 これは完全に好みかどうか、の世界だと思います。 今ももっぱら固形石鹸です(笑) ※これはあくまでも、私見・好みによるものです。

関連記事

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031