育児にも仕事にも悩むけど、笑顔の自分が一番好き。そんなママを目指して♡

menu

笑み咲くキャリア

保育園への通園手段(0歳から3歳)

保育園への通園。0歳、1歳、2歳、3歳・・・と、どのような手段で通園するのでしょうか。一人目育児の場合、それも手探り、周りの様子を見ながらですよね。 これといった決まりはありませんが、我が家の例と、それぞれの通園手段を選んだ理由をまとめてみました。参考になれば幸いです。

0歳のときは、抱っこ紐

1歳に満たない子どもの通園は、抱っこかベビーカーを使う人が多いですね。我が家は、ベビーカーも持っていましたが、もっぱら抱っこ紐で通園しました。 ベビーカーで通園している人も、下のお子さんをおんぶして、上のお子さんを自転車の椅子に乗せている人もいました。赤ちゃんをおんぶ、抱っこした状態で自転車に乗っていいのかどうかは、都道府県により異なるようですので、詳しくはお住まいになっている都道府県の条例を調べてみることをお勧めします。 私が抱っこ紐で通園していたのには、理由があります。 朝、ベビーカーで登園すると、ベビーカーを自宅に持ち帰るか、あるいは夕方のお迎えまで保育園に置かせてもらうことになります。自宅に持ち帰るのも手間だし、保育園に置かせてもらうのも何となく気が進みませんでした。それから、抱っこ紐の方がいざ出かけるぞ、というときの準備が早く済むからです。 それから最も大きな理由は、抱っこは子どもとの距離が近いこと。抱っこしながら話しかけて通園するのが、癒しの時間でした。

1歳の時、抱っこ紐メインで徐々に自転車に

1歳を迎えてもメインは抱っこ紐。雪が降ったり風が強く寒い日には、抱っこやおんぶに対応しているママコートを着ていきました。普通のコートを着て前を開け、抱っこ紐に毛布のようなものを取り付けたりもしました。 でも、だんだん子どもが重くなってきます。抱っこ紐もきつくなってきます。そこで、子ども乗せ自転車の購入を考えました。 電動、非電動も悩みましたが、タイヤの大きさ、安定感、デザイン、値段と、いろいろ考える要素があります。それから、子どもを乗せる椅子。前に座らせるか、後ろにするかも悩みました。ヘルメットも要りますしね。 結局、後ろの席に子どもを乗せると、子どもの様子がわからないという理由で、前に座らせる椅子を取り付け、後ろには荷物用の籠を付けた電動タイプの自転車を購入しました。購入時には、実際に自転車屋さんに行って試乗してみたほうが絶対いいです。電動タイプは重いし、ハンドルの感じもふつうの大人用の自転車と違います。自分に合ったものを選ぶほど、バリエーションは多くありませんが、見た目だけで選ばないほうがいいと思います。 自転車を購入したものの、前に子どもを乗せて自転車をこぐのは、初めは慣れなくて、緊張しました。まっすぐ走っているのはいいのですが、角を曲がる時はドキドキでした(笑) 娘は、保育園で自分より大きい子どもたちが、自転車に乗って通園するのを見ていたので、少しあこがれもあったのか、すんなり乗ってくれました。ただ、ご機嫌が悪くて椅子に座りたがらない時、ヘルメットを嫌がる時も・・・その時の対処法は、別記事にしたいと思いますが、大変でした。 雨の日は、自転車で滑るのが怖くて、抱っこで通園でした。

2歳のときは自転車、雨の日は・・・

1歳のときでも、後ろの席に座っている子もいました。きょうだいがいるご家庭は、上の子が後ろ、下の子が前に座っています。それを見ていた娘は、「後ろの席に座るのはお姉さんになったしるし」と思うようになっていて、次第に「後ろの椅子に座りたい」と言うようになりました。 前の椅子に座らせる子どもの体重は、15キロまで、というのが目安です。(詳しくは各メーカーのカタログ等を参考にしてください) 娘は2歳で13.5キロ(かなり大きめ)だったので、後ろの椅子を購入。籠は前に取り付けることもできましたが、もしかしたら二人目が・・・という思いから、前の椅子はそのままにしておくことにしました。 後ろの椅子を取り付けた当初は、お姉さんになった気分で嬉しかったようで、喜んで座ってくれました。後ろにいる子どもの様子が見えないのは不安だし、自転車の後ろが重くなるので、バランスを調整しながらでしたが、徐々に慣れました。 ただ問題は雨の日・・・さすがに抱っこは重くて大変。歩いて通園する子も多くいますが、朝は特に時間の余裕がなく、抱っこのほうが早いこともあり、我が家は主人が娘を抱っこして傘をさして登園が基本になりました。 歩かせたいのはやまやまですが、娘も雨だとわかると「今日はパパの抱っこ♪」と嬉しそうなので、ついつい主人も折れて(笑)抱っこしてしまいます。夕方は私が自転車にレインカバーをつけ、自分はレインコートを着てお迎えというスタイルが定着しました。

3歳の今は

3歳になると、歩いて通園する子も増えてきます。ただ我が家は、通園は基本は自転車、雨の日の朝はまだ主人の抱っこ+少し傘をさして歩くのが定番になっています。朝はやっぱり、時間も気になってどうしても自転車に頼ります。 間もなく4歳を迎える娘。雨の日の抱っこはさすがに重いので、娘に新しい傘を買って、歩いてほしいと思っています。歩けるだけの体力もついています。でも、歩くよう促してみたら「新しいレインコートがあれば歩く」と言われ・・・ポンチョタイプのレインコートが嫌な様子。でもまだ、購入できていなくて(汗)早く購入して、主人の負担を軽減したいなと考えているところです。 3歳にもなると、自分の意思がはっきりしてくるので、親が勝手に買ったレインコートを気に入らなければ逆効果。だから、娘と一緒に、梅雨を迎える前までに買いに行こうと思っています。

転倒したことも

ただ、、、3歳になってから、自転車に娘を乗せたまま2度ほど転倒しました。 1回目は雪が降った翌朝。気を付けていたはずでしたが、つるっと横転。娘は無傷でしたが主人が擦り傷。 この時は娘は後ろの椅子に座っていて、ヘッドガードもあり、ベルトもしていたので、自転車から放り出されなかったし、直接道路で頭や手足を打つこともありませんでした。 2回目はつい先日。自転車は駐輪した状態で、私が娘を椅子に乗せ、自分が座ろうとしたときによろけ、自転車とも横に倒れ、娘は頭をコンクリートで打ちました。 この日に限って、娘は前の椅子に座っていました。前の椅子のヘッドガードは、出し入れができるタイプで、大抵は引っ込めています。この時もそうでした。だからノーガードで、娘は頭を打ったのです。 辛うじてベルトは装着済みでしたが、ヘルメットは被る前でした。 私は気が動転し、娘も痛みと恐怖、驚きで泣きました。大きなタンコブができました。その日の夜は、嘔吐や何か異変が無いか心配で、私は一睡もできませんでした。 幸い大事には至りませんでしたが、子どもを載せる安定感のある自転車でも、倒れることはあります。また、ベルトとヘルメットの大切さを身にしみて感じました。 自転車は便利ですが、電動タイプは重いし、ましてや子どもが乗るとさらに重くなります。安全にはくれぐれも、気をつけてくださいね。

まとめ

この方法が特におすすめ!というものはありません。各家庭のタイムスケジュールや、ライフスタイル、誰がメインで通園担当するか等に合わせて、選んでください。どの方法でも、子どもと楽しい通園時間を過ごすことが大切だなと思います。 あとは、晴れの日、雨の日でどうするかも少し考えてみて、それに応じて必要なものを準備しましょう。 そして、歩き、抱っこ、自転車、ベビーカー、車…と、どの手段を取っても、絶対的な安全はないので、気をつけて楽しい通園時間を作れたら素敵ですね。  

関連記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031