育児にも仕事にも悩むけど、笑顔の自分が一番好き。そんなママを目指して♡

menu

笑み咲くキャリア

保育園の先生方との関わりから思うこと

4月から新年度。娘は進級し、担任の先生が変わりました。新しいお友達も入園してきました。

今回は、子どもがお世話になる保育園の先生方との関わりについて、私が感じていることを書いてみたいと思います。

とにかく、感謝

我が家は0歳から娘が保育園にお世話になっています。
入園当時を振り返ると、慣れない場所、親ではない知らない人の中で過ごすことになり、不安でたまらない娘に、本当に辛抱強く、暖かく接してもらい、感謝しかありません。
成長に伴い、お友達とのトラブルや、転んで怪我をしたり、癇癪を起こして泣きじゃくったり、何もかもがイヤで床に転がって暴れたり…楽しいこともたくさんありましたが、そうでないこともありました。
その度、先生方は、娘に寄り添い、諭し、冷静に応じてくださいました。

子どもが安心して楽しくいられる場を作ることに全力を傾けてくださることに、心の底から感謝しています。

プロである先生方を信じて任せる

保育園で我が子がどう過ごしているか、気になるのが親心。特に入園したばかりの頃は心配です。
でも、先生方は保育のプロ。
私の寝かしつけでしか眠れなかった娘を寝かしつけてくれたのを見て、あれこれ心配するよりお任せしよう、と思いました。

時には、保育園の対応や、先生方の対応に不満を感じることもあるでしょう。家庭の数だけ、考え方も要望もありますから当然のことです。先生方も、イライラしたり疲れていて、必ずしも親の期待通りの対応ができない時だってあります。

不満を感じる時があってもいいんです。
でも、そこにばかりフォーカスしていると、保育園や先生方を信頼できなくなってきませんか?
縁あってお世話になっている保育園、先生方です。せっかくのご縁、改善要望は感情的にならずに伝えながら、人間らしい、お互いさまの気持ちも持って接したいなと、私は思っています。

心を開いて相談する

個別面談が設定されている保育園もありますが、その時に限らず、生活習慣の整え方や子どもとの接し方に悩んだら、送迎時に相談してみましょう。
保育園との連絡ノートに書いてもいいし、がっつり話したい時は、あらかじめ、時間を作ってもらえないか、調整してみましょう。

先生方も、プロとして悩みながら保育の現場に立たれています。仕事を終えれば、同じ母親だったりもします。

ママ友に相談してもいいですが、せっかく身近な場所にプロがいるのです。いろんなタイプの子どもを知っているし、成長の過程もご存知ですから、ママ友より引き出しの数が多いのは明らかです。
先生方に相談するのが、自分の家庭を露呈するようで抵抗があるなら、無理する必要はありません。ただ、1人で悩まず、話せる相手を見つけておくと、母親は救われることが多いと思います。

シャボン玉ハート

 

まとめ

親が先生方を信頼し、保育園を信頼すれば、それは子どもにも伝わり、先生方にも伝わります。
信頼関係が築けたら、悩みも軽減されるし、何よりも、親も子どもも心が安定します。

私は自分が母親になるまで、保育園のこと、保育士の先生方のことを、全然知りませんでした。自分が子育てをしてみて、そして仕事に復帰してみて、こんなに悩むことになるなんて予想していませんでした。

育児書もたくさん出版され、子育てを勉強するセミナー等があるのは、子育てに悩む人が多いから。そういう場で勉強するのも一つの方法ですが、一番身近なプロは、自分の子どもを預けている保育園の先生方です。

一緒にわが子を育てている同志として心を開き、一方的に自分の思いだけを伝えるのでなく、双方向のやり取りを楽しめる関係になれたら素敵ですね。

関連記事

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031