ジョブ・クラフティングで自分らしさを見つけ、「やらされ感」を「やりがいのある仕事」に変えよう!

menu

笑み咲くキャリア

独身時代、子どもがいない時にやっておくといい2つのこと

これまで出産後の女性の働き方について、私の考えを綴ってきました。でも出産前にやることとして、一番大切なことを伝えていないことに気づいて(^_^;)順番が前後しますが、整理しておきたいと思います。

仕事において「信頼」を得ておきましょう

社会人になりしばらくは、仕事を覚え、こなすことに集中しますね。その時期は集中が大切。たとえお手伝いのような仕事でも、一生懸命やることが、社会人としての信頼を得るファーストステップです。 もしあなたが結婚し、出産してからも、働きたいと考えるなら、出産するまでに「任せたら安心だ」という信頼を得る働き方をしておくことです。そして、上司や先輩の指示待ちで動くより、自分で何をすべきか見極め自主的に行動できるようになっているといいですね。 自分の担当した仕事はしっかりこなし、仕事で関わった人たちに、存在を認められるようになりましょう。 そうすることで、出産後に復帰する時、仕事がしやすく、また職場からも受け入れやすくなります。

プライベートな時間で思い切り遊ぶこと

そして、仕事上で信頼関係を構築するのと同じくらい大切なことは、ズバリ、遊ぶこと(笑) 恋人がいてもいなくても、遊びたい、やってみたいと思うことは、どんどんやりましょう。 なぜかというと、出産後は自分の遊びに使える時間が少なくなるからです。 子どもを連れて遊びに行くのも、もちろん楽しいですが、自分が行きたいところに行けなくなることもあります。そんな時の我慢が重なるとストレスになります。 できることなら、育児はストレスを少ない状態で、心にゆとりを持ち笑顔でやりたいですよね(笑) 私は独身時代に、海外旅行、国内旅行、ジム通い、スキューバダイビング、楽器演奏、コンサート、ゴルフ、食べ歩き、英会話教室、ビジネススクールと、次々やりたいことをやりました。 結婚してからもまだやりたいことをやめられず、主人を置いて、単身短期留学したことも。 ここまでやるのはやり過ぎかもしれませんが、遊びきった後の妊娠出産だったため、育児しながらも遊びを我慢している感覚は、ありませんでした。

まとめ

子どもが生まれてからの仕事や遊びには、多少なりとも制約がつきます。だから 仕事も思いっきりやりきり、信頼を得る。 遊びも思いっきりやり、楽しむ これをぜひ、実行しましょう!  

Follow me!

関連記事

カレンダー

2018年9月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930