育児にも仕事にも悩むけど、笑顔の自分が一番好き。そんなママを目指して♡

menu

笑み咲くキャリア

女性の活躍の場は、与えられるのでなく、女性が作るもの

女性活躍推進をテーマとした講演で耳にする「女性に活躍の場を与えること」という話。「活躍の場を与える」というのは、経営側の視点ですよね。

私は経営者ではないので、あくまでも会社員として働く女性の立場から「女性の活躍の場」について考えてみます。

女性社員の「感覚」

会社の方針説明会や研修などで「女性活躍」というキーワードを聞いても、どこか他人事に聞こえます。

それはなぜでしょう。

独身、既婚、子持ちかどうかに関係なく、今の仕事を淡々とこなし、そのために必要な勉強はするけれど、裁量権を広げようとか、新しいジャンルに飛び込む気持ちはあまりない人が多いからかもしれません。現状維持が心地よいので、それを変える必要性を感じないのです。

雲の上のような活躍をする先輩はいても、自分がなりたい姿の女性社員の先輩が社内にいない、ということも一つの理由でしょう。

そもそも、社会人としてのなりたい姿、憧れる姿を思い描いたり、求めたりしたこともないかもしれません。

こういった女性社員にいくら「女性活躍のために会社として〜〜という取り組みをします」と言っても「ふーん」で終わってしまいます。

当事者意識を持つ必要はある?

こうした感覚を持つ女性社員には、女性活躍の当事者としての意識は生まれないのでしょうか。

現状維持でよいと考えている彼女たちの意識は、変えなければならないのでしょうか。

上昇志向が少なく、管理職になりたいと思わないことは、問題なのでしょうか。

管理職にならなくても、自分が担当する仕事に責任を持って取り組み、上司からのリクエストに着実に応じ続けることも、十分女性活躍ではないかと思うのです。

それだけでは不十分だと感じる経営者が多いから、現状を「女性活躍できていない」と受け止めるのではないかと私は考えます。

現時点の女性社員の仕事ぶりをもっとよく見たら、小さいかもしれないけれど、立派に会社に貢献していることがわかります。

もちろん、上昇志向があり管理職やリーダーとして働きたい人もいます。そういう人には、それに相応しい場を与えれば、モチベーションアップにつながります。

でも、そうでない人がいてもいい。

女性活躍推進のために、女性社員に当事者意識を変えようと躍起になるより、今すでにできていることをもっと認めたら、それだけで意識は変わるんじゃないかなと思います。

女性社員が考える「活躍の場」

私は独身貴族真っしぐらな時代(笑)、男性と肩を並べながらも、正確さ、緻密さ、抜かりなさ(→書いてみると笑えます)で自分の成果を差別化し、私ならではの成果で立ち位置を作っていました。

結婚してからも、主人が同業で理解があったこともあり、特に働き方も変えず、立ち位置も変えませんでした。居心地がよくて、変える必要も感じなかったから(笑)

自分が居心地いい場所では、仕事もやりやすく、それなりの成果も出せていた気がします。それを「女性活躍」とは、特に感じていませんでした。

出産、育休復帰後、過去の働き方は物理的にできなくなりました。急激に居心地が悪くなりました。そんな状況を継続したくはなかったので、今まで築いてきた人脈を頼りに、働きやすい環境を作ろうと努力しました。

そして得られた心地いい環境。出産前と比べ仕事量は減りましたが、やることを自分でマネジメントし、必要な人物と会い、意思決定し、と、自分の裁量で仕事ができました。今振り返ると、この状態が、育休復帰後の私の活躍の場だったと思います。

私の話を例に挙げましたが、つまり、女性の活躍の場は、自分が働きやすく貢献感を感じられる時、そこにあるのだと思います。

まとめ

老若男女問わず、誰にでも成長欲求はあります。現状維持が心地よいというのは、勤務地や周りの人、仕事内容が変わることを求めないだけで、成長したくないという訳ではありません。

そして、女性が働きやすい場所というのは、一言では表現できません。ライフイベントをきっかけに考え方が変わることもあるし、価値観や考え方が多様だからです。

女性活躍の場は、「与えられる」より、当事者である女性自身が求め作っていく方が、より多くの働く女性が必然的に輝けることにつながりそうな気がします。そうなったら素敵ですね!

関連記事

2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728