育児にも仕事にも悩むけど、笑顔の自分が一番好き。そんなママを目指して♡

menu

笑み咲くキャリア

女性が退職を考えるきっかけ

先日、仲良くしている女性の先輩が退職する連絡を受けました。バリバリ仕事をこなすキャリアウーマン、だけど可愛らしさを持ち合わせたステキな先輩です。

今日は「女性が退職を決意する時」について、私の経験や、ライフステージの変化の観点から考えてみます。

新入社員、若手社員の時期

入社して間もない時期、自分の周りにワーカホリックな先輩ばかりだと、この先結婚も出産もしたいと考える女性社員は、働き続けるイメージとしてワーカホリックな姿を描きます。そうありたくないと思う人は、早々に見切りをつけるかもしれません。

逆に、身近に働くママが居たり、理想的と感じる働き方をする先輩がいたら、将来私もあんな風に…と仕事を続けるイメージが持てます。

良くも悪くも、自分の周りにいる人の働き方が、その会社で働く自分の将来を無意識のうちにイメージする材料になります

結婚・出産前に転職を考える時

ある程度経験を積んでから、その経験をもっと活かすために転職を考える人もいますよね。収入アップのために転職をする人もいます。

一方で、今の職場が忙しすぎるなどの理由から、結婚や出産を経て働くイメージが持てない場合も、働くママが多い企業や、女性が働きやすい企業に転職を考えるかもしれません。

女性の転職では、結婚の予定がない、結婚の予定はあるがまだ出産は予定していない、既婚だけど出産は予定なし等、転職後すぐ辞める、休みに入るという印象を与えないことを重要視するケースが多いように思います。

私が転職活動をした時は、結婚の予定がない時でした。振り返ると、思い切った行動(=転職活動)がしやすかったからです。

結局転職はしませんでしたが(笑)

結婚を経て

結婚という理由で退職する女性は、少ないように感じます。私の学生時代からの友人や、会社の同期を見ても、結婚をきっかけに辞めた人はいません。

私は、結婚する時に退職・転職は考えませんでしたが、独身の時より、家庭の時間を大切に考えるようになりました。自分ひとりではない生活が楽しかったのです。

だから残業も減ったし、土日に出勤することもなくなりました。

でも、後輩たちを見ていると、結婚というのは退職や転職を考えるきっかけの一つであることには、変わりないようです。実際に動くか動かないかが、人それぞれなだけ。

ではなぜ、結婚を機に退職や転職を考えるのでしょう。

私の職種(システムエンジニア)の場合、残業、場合によっては夜間作業(夕方出社して朝まで仕事)、大型連休やお盆休み、年末年始に仕事になるケースが多くあります。

そういう勤務形態に、パートナーの理解が得られるか不安な気持ちになったり、パートナーよりは早く帰宅したい、あるいは我が家のように夫婦が同業の場合、結婚したのに夫婦で過ごす時間が短すぎることが不満となり、それらを解消するために退職を考えるようです。

結婚するのだから、仕事に対するパートナーの理解は得ておきたいところではありますが(笑)価値観もそれぞれですから、何を自分の生活で大切にしたいかを考えたうえで選択すればいいと思います。

私の場合は、夫婦で過ごす時間を土日に確保することで、バランスが取れました。もちろん、夫婦それぞれのタイミングで夜間作業あり、連休出勤あり、年末年始出勤もありましたが、その時はその時。自分時間を満喫しました。夫婦時間は、休みが合うときに楽しもうよ、というスタンスでした。

冒頭に書いた、仲良しの先輩は、パートナーも同業で仕事に対する理解はありましたが、パートナーより自分の方が帰宅が遅い日が続き、疲れが取れなくなって体調を崩されてしまいました。

体調を崩すまで頑張らなくてもよかったのでしょうが、それをきっかけに思い切って休養し、体調が戻ってから転職活動をしたようです。

親子の手

出産を経て

仕事、育児、家事をこなすのは、頭の切り替えも必要だし、体力も使います。育休復帰後、私が一番最初に感じたのは、体力的なきつさでした。働き方の変化もさることながら、自分の体力が落ちたのか、出産前より体力を使うようになったのか・・・就寝時はぐったりです。

出産を経て、退職を考えるきっかけには2つあると思われます。

一つは、育児、家事、仕事をこなす「体力」や精神的な余裕がなくなり「きつい」と感じた場合

もう一つは、働き方が出産前後で変わり、仕事にやりがいを見いだせなくなり、他にやりたいことを見つけた場合

前者は、必ずしも「退職」という選択がすべてではありません。受けられるサポートはすべて受ける、すべてを完璧にこなせなくても自分にOKを出す等、回避策はいろいろあります。

その回避策を、当事者だけでなく、パートナーや、会社の同僚、上司も一緒になって考えられるといいですね。とはいえ、一緒になって考えるのは当然だ、と、頭で理解していても、具体的なサポートの話や、やり方の話をすると、まだまだ合意が得られないことが多いのではないでしょうか。

そこが「男女共同参画」なのか「男性の育児家事参画」なのかはわかりませんが、今後の社会的な課題と感じます。

後者の場合、すぐに他の仕事が見つかるケースと、そうはいってもなかなか次が見つからないケースがあります。

すぐに次の仕事が見つかった場合は、あとは本人の行動次第でどうにでもなります。

そうでない場合は、もやもやした気持ちを引きずりながら、現状の仕事に従事することになります。そしてその期間が長くなると、モチベーションが下がり、パフォーマンスも落ちる可能性がありますね。本人も楽しくないでしょう。こういう時は、まず自分の思いを整理して、やりたいことをはっきりさせましょう。思いが明確になったら、覚悟を決めて、職場の人や、然るべき人に話しましょう。

人に話すことで、曖昧な点がわかりやすくなり、考えがクリアになります。頭で考えたことを、紙に書いて整理し、それを口に出すことです。

まとめ

女性は男性に比べ、ライフステージの変化に伴い価値観が変わりやすく、日本においてはまだ「家庭は女性が作り、仕事は男性が外でやる」風潮もあり、それが私たちの潜在意識に植え付けられています。

時代が変化し、価値観も多様化しているが故に、迷い、悩むのです。

幸い、終身雇用の時代ではなくなりつつあり、私たちは自分がどうありたいか、どのように仕事と向き合いたいかを考えて、仕事を選択できます。

一つの会社に長く勤務してきたことによるアドバンテージは、少なからずありますが、必ずしもそれが幸せだとは限りません。

自分の人生を充実させ、笑顔で過ごすために、ライフステージを楽しみながら働く方法を考える人が増え、それを理解し応援する人が増えたらいいですね。

関連記事

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031