育児にも仕事にも悩むけど、笑顔の自分が一番好き。そんなママを目指して♡

menu

笑み咲くキャリア

2017年 振り返り

2017年も、大晦日を迎えました。 このブログも、頻繁ではないけれど、細々と書いて、考えを発信することができ、そして読んでいただくこともできて感謝しています。 今年は、自分の直感を信じて、夢中で行動しました。 葛藤もあり、挑戦もして、でも総じていえば、とても、恵まれた一年でした。

新たな人との出会い

この1年で、新たに出会った人がたくさんいます。 幸運だったのは「超一流」と言われる、ある分野で突き抜けた人たちとお話する機会を得られたこと。 その方々は、本当にご自分の気持ち、感情、感覚に純粋で、目が輝いていて、言動にも一貫性があって、いつも幸せで、楽しそうで、本当に素敵でした。 突き抜けた所を持っているが故に、凸凹がはっきりしていて、それがまた可愛らしくもありました。 私は「バランスが取れていることが良いことである」という価値観を擦り込まれて育ち、特にそれに疑問も持たずにいたので、彼らとの出会いは、好きなこと、やりたいことを追求していいんだ!という発見でもありました。 私もそう生きたい! そう決めて、自分の直感、体で感じる感覚に逆らわずに行動しようと心がけたら、会いたい人とのご縁ができたり、自分の思考の整理もでき、解決すべき課題もクリアになってきました。 来年もこの感覚は、大切にしていきたいと思います。

感情の起伏も激しかった…

楽しいことも嬉しいことも、わくわくすることも多かったけれど、ずーんと落ち込むことも、悲しみに沈むこともあり、喜怒哀楽の起伏に富んだ一年でした。 特に娘との関わり合いにおいて、良くも悪くも感情を揺さぶられる出来事が本当に多かった(笑) その出来事の裏には、私が無意識に封印してきた感情やトラウマがあったことも、わかってきました。 自分の感覚に純粋でいたいから、封印した感情やトラウマの原因をとことん追求して…一年かけて、その原因は、ほぼ明らかになり、かなりスッキリです。 とはいえ、「無意識に封印する」感覚は、まだまだ体に染みついているので、ちゃんと自覚できるように、感覚を研ぎ澄ませていこうと思っています。

自分の得意なこと、強みの認識

「ジョハリの窓」という考え方があります。 その4つの窓のうち、「盲点の窓」と言われる、自分では気が付いていないものの、他人には分かっている自分、という領域に対して、多くのフィードバックを得ることができました。 少しご紹介すると… ・落ち着いている ・人の話をよく聴いている ・1対1での対話を何人に対してやっても平気 ・キーパーソンがわかる など。 私自身は、落ち着きがあるとは思っていないし、人の話は普通に聞いているだけ、1対1の対話はより深く相手のことを知ることができてお互いに自己開示をしやすいから好きなだけ、キーパーソンは感覚として「あ!この人!」と感じる、というだけなんです。 逆に、とっても苦手なこともあります。 ・実績やデータに基づいて分析・判断すること ・課題に対して論理的・システマチックに解決策を練ること など。 幸い、私の周りには、上記2つのことを得意とする人が多いため、下手に手出しをせず潔くお願いして、私にとって「努力しなくてもできること」を、自覚した上で仕事に活用していったら、感謝されることが増えました。 もしかしたら、もっと「盲目の窓」の領域に潜むことがあるかもしれないので、今後もどんどんフィードバックをもらいたいなと思っています。

最後に

年初に立てた目標を思い出したら「早起き」「夫婦で語る時間の確保」「目の前に起きている事実と、自分の解釈を分離する」の3つでした。 3つめの「事実と解釈の分離」は、かなり意識的にできるようになりました。 2つめの「夫婦で語る時間の確保」はできたりできなかったり。でも話したいときはちゃんと時間を取れたので、良しとします! 1つめの「早起き」は、まだまだです(笑)きっとこれは、永遠の課題かな… そして、何よりも、私の行動を理解してくれる夫と、私に多くの気づきをくれる娘と、健康な体と、私と関わってくれたすべての人たちと、20年生きてくれた実家の愛犬に感謝して、2017年を締めくくりとします。 ありがとうございました!

関連記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031