育児にも仕事にも悩むけど、笑顔の自分が一番好き。そんなママを目指して♡

menu

笑み咲くキャリア

過去の仕事の経験は、違う仕事で違う形で活かせる

転職して1年経ちました。
1年前を振り返ると、転職エージェントに登録し、時間制約のある中で転職できるのかどうか、様子を見ていたことを思い出しました。

いくつか転職エージェントとの面接に臨みましたが、私の職務経歴書を見て言われたことは、「金融業界を知る、システムのプロジェクトマネージャーはニーズが高いのですが、時間制約がなければ…」ということばかりでした。

17年間、金融機関向けのシステム開発に携わってきたことや、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーを経験したことを、職務経歴書に書いていたので、その職種を前提に転職先を探してしまうことになったのです。

けれど、私はシステム開発がやりたいわけでも、プロジェクトマネージャーをやりたいわけでもなかったため、この職務経歴書での転職は無理だと諦めました。

最近、その時に作った職務経歴書を、たまたま人に見せる機会がありました。
その時に、自分では想像もしなかった見方をしてもらえて、びっくりしたと共に、気づいたことがあったので、ここでシェアしようと思います。

自分で「価値」と認識していないところに、意外と価値がある

17年間のシステムエンジニア生活の中で、コンピュータシステムをどのように作るのか、プログラミングとは何か、プロジェクトマネジメントとは何か、といったことは、もちろん経験しました。

システムを作るために、クライアント企業が抱えている課題を調べ、ヒアリングし、システム導入によりどのように解決したいか、解決できそうなのかを考えました。

システムを企画し導入しようとしている人たちが考えていることと、システムを使う人たちが求めることのギャップも見てきました。

システムを維持し、保守していく人たちが、どうしていきたいかも、ヒアリングして考えました。

システムに発生したトラブルからは、原因調査の勘所をつかめるようになり、クライアント企業にとって緊急かつ重要なことが何かを知ることもできました。

こうした、クライアント企業の「さまざまな事情」を知り、課題を見つけ、解決方法を考えてきたことに対して、「価値がある」と言われたのです。

前職は、クライアント企業から受注をいただき、システム開発をする仕事でした。
ちょっと嫌な表現ですが、受注するためには、クライアント企業の課題に目を向け、解決方法を考えなければならなかった。

受注したということは、クライアント企業が抱える何らかの課題をシステム導入により解決するために投資されるに値した、ということで、その投資には応える義務があり、よりよい課題解決方法を考えるのが当然でした。

だから、そこには全く、価値を感じていませんでした。

現在働いているベンチャーでは、会社を運営していくためのシステムがすべて整っているわけではありません。

何が足りていないか、優先順位をつけて導入するなら何が先で、導入するにはどのくらいのコストと時間が必要で、ということは、当然みんなが知っているものと思っていましたが、ある時の雑談で、知っている人がいないことに、とても驚きました。

職場の中で「当たり前」のことは、外に出たら「当たり前」ではなく「価値」になる

上述したように、自分では全く価値だと捉えていなかったことに対して、価値があると言われたり、知らない人から「教えて」と言われて初めて、自分が持っている価値に気づくことがあります。

でも、その価値に気づくためには、自分がどのような経験をして、どのような仕事、行動をしたかを、具体的に開示しなければなりません。

私は、職務経歴書に、従事したプロジェクトの概要はさらっと書いて、それよりも自分に課せられた役割に焦点をあてて書いていました。

ただ、役割を書いただけだったので、転職エージェントの方は、その役割を果たせる仕事は何かという視点で仕事を紹介しようとしたのだと思います。

果たしてきた役割が何かも、大事な情報ではあります。
でも、私が提供できる価値は、役割を担うということだけではないのだなと、気が付きました。
過去の仕事で当たり前にやってきたことも、別の組織にとっては当たり前ではなく、それが価値になるのです。

まとめ

価値は、自分で決めるものではなく、提供される相手が「価値」と捉えるかどうかで、決まります。

自分でいくら「○○ができます」「それが私の価値です」と言ったところで、相手が必要としていなければ、それは価値になりません。

では、自分が提供できて、他者にとって価値あることが何かを知るためにはどうすればいいのでしょう?

自分で価値がある、と思っていることを他者に開示し、自分の過去の経験を具体的に伝えて、他者に「価値があることがどうか」を判断してもらうのが、手っ取り早い方法です。

いつ、自分の価値を提供できる機会が巡ってくるか、わかりません。

だから、自己認識の中で価値と考えていることをリストアップしておくとともに、自分では価値かどうかわからないけれど、過去にこんなことを経験してきたということも、書き出しておくといいなと感じました。

転職の予定がなくても、職務経歴のような形で、書き出してみるといいかもしれません。

必要な時に、必要な人に自分の情報を見せることができれば、思わぬチャンスを得られるかもしれないですからね。

私ももう一度、棚卸ししてみるつもりです。

関連記事

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930