ジョブ・クラフティングで自分らしさを見つけ、「やらされ感」を「やりがいのある仕事」に変えよう!

menu

笑み咲くキャリア

目的に向かう、小さなステップ

少し古い話なのですが、男性上司が知るべき女性部下のキャリアプランの多様性   という記事を読みました。

この記事を読んで、賛成できる考えもありましたが、私が現場で上司に感じたことと違う感じがしたので、その違和感を自分なりに解きほぐしてみました。

上司に余裕があるのかな…?

上司側からのきめ細かい対応があれば、それはとてもありがたいこと。 でも、それを求めてばかりでは、上司側は疲れちゃうんじゃないかな…。 業績としての数字を懸命に追いかけ、問題が発生しないように目を光らせ、何か起きたら対策に追われ、業務に特化した技術的な面で(一応エンジニアだったので笑)部下をサポート、フォローするだけで、上司って、精一杯なのかもと、前職時代に感じたからです。 そんな現場にいる上司に、きめ細かい対応を、といっても、現実的にどうなんだろう。 部下を知り、部下のパフォーマンス向上のための環境作りは大切だし、それも、上司の仕事です。 とはいえ、大半の「上司」と言われる人たちにとっての優先事項が、発生した問題の解決や、業績だとすれば、それ以外のことが後回しになってしまいがちなのも、わからなくはない。

上司と部下間の通訳がいてもいい

上司と部下のコミュニケーションは、円滑にできるケースと、できないケースがあります。 コミュニケーションが円滑にでき、本音を話せる関係なら問題ないです。 が、そうでない場合。 上司とのコミュニケーションは、上司にリードされ、部下はリードされるがまま、言いたいことが言えなくなる可能性もあります。 上司のリードが秀逸で、部下が本心を話しやすくなればいいのですが、そうとも限りません。 じゃ、どうすればお互い、本心を見せられるのかな、と考えていたら、妄想が広がってしまいました(笑) (妄想期間が長くて投稿できなかった…) 部下のキャリアプランやライフプランは、第三者視点を持ち、直接部下を評価しない立場の人が、先入観なくフラットに聞いた方がいいんじゃないかと、私は考えます。 評価に無関係な、心理的安全が確保された場なら、人は本音を話しやすいからです。 上司を喜ばせたいとか、気に入られたいとか、怖いからとかで、本心が言えないのは、もったいない。 性格的な合う、合わない、があったとしても、せっかく縁あって共に働くのなら、少しでも気持ちよく働けたらいいな、と思うんです。

第三者はどんな人がいいの?

自分が組織に所属していた時の経験から、第三者は、会社の人事とか、違う部署の先輩でない方がいいと感じています。 人事には評価がつきものだし、 違う部署の人も、会社文化を理解してくれるという面で安心できる反面、価値観や考え方が、偏ってしまいがちだからです。 第三者は、部下から聞いた結果を、上司に伝え、一緒になって部下の育成方針や、部下の意思の両軸から、今後の方針を考えます。そしてそれを部下に提案し、合意できるように持っていく役割があります。 だから、いかに先入観や固定概念なく、双方の考えを伝えられるかが大切だと思うんです。 そんな第三者の立場にたつ仕事、できないかな?と思ったらワクワクしちゃいました。

妄想を実現に

いま、私が従事している仕事も、少しこの妄想に近いところがあります。 通訳する内容は、キャリアプランやライフプランではありませんが、直接本音をぶつけられない理由を見ていくと、部下側が、心理的安全が担保されていないと感じていることがほとんどです。 私は、社員が心理的安全を感じられる環境を作るために、何をするべきか、いつも考えるのですが、当事者たちを変えようとは思っていません。 本人が変わりたいと考えていない限り、カリスマでもなく、どこかの権威でもない他人から「こうしてみたら」と言われて、変わる人は、そうそういないからです。 けれど、組織の中に、意図して安心して本音、本心を話せる場、相手を作る重要性は痛感しています。 その場の担い手になって、意思の疎通や相互理解、さらには多様性を認め合い、個々の特性を活かせる組織づくりに携わりたい。 以前「笑顔で働ける環境を作ること」を、私の目的だと宣言しましたが、今の妄想を少しずつ実現して、最終目的まで達成できたらと思っています。

Follow me!

関連記事

カレンダー

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930