ジョブ・クラフティングで自分らしさを見つけ、「やらされ感」を「やりがいのある仕事」に変えよう!

menu

笑み咲くキャリア

娘からのギフト

娘が5歳の誕生日を迎えました。 娘には、私を母として選んで生まれてきてくれて、本当に感謝しかありません。 母親歴はたった5年ですが、娘からの数々の素晴らしいギフトについて、感謝を込めて綴ってみました。

ギフト1:自分の心を感じるということ

乳幼児期の子どもって、本当に、自分の心が感じたことに素直に反応しますよね。 ちょっとした違和感も見逃さず、主張してきます。 親から見たら「そんな些細なこと、なんでいちいち騒ぐの?」ということもしばしば。 けれど、子どもにとって「今」「ここで」「感じたこと」が、子どもにとって全てなんですね。 大人は、感じたとしても、今は仕事中だからとか、我慢すべきだからとか、感じたことを否定し、忘れようとしたりします。 でも、実は、ただその場をしのぐために、その違和感を隅に追いやっただけで、消化できているわけではありません。 こんな風に、見たけど見ないふり、感じたけど感じなかったふりを続けていくと、それらが溜まり、しんどくなる。 ストレスが溜まった、という表現が代表的なものです。 私は娘を育てて、接しているうちに、この瞬間に私自身が感じた違和感や、楽しさ、嬉しさといったことを、子どものように大切にしてみようと思うようになりました。 一応大人なので、場所や表現方法は選びますが(笑)何を感じたか、それが心地よかったのか、悪かったのか、感じることを否定しないようにしたら、ストレスが減っていきました。 これも、娘に気づかせてもらったおかげ。

ギフト2:許すということ

親子喧嘩。夫婦喧嘩。もちろんあります。 子ども同士の喧嘩もあります。 けれど、子ども同士の喧嘩を見ていると、喧嘩をして嫌な気分になって、泣いたり暴れたりしても、大人の力を借りながら、仲直りして、仲直りした後はあっけらかんと一緒に遊べる。 これって、すごいことだなぁって思うんです。 親子喧嘩はだいたい、親に余裕がないときに起こります(我が家の場合)。 親の思うように動かない子どもに対して、力をもってねじ伏せよう、恐怖を与えて従えようとして、反発され、喧嘩になることが多いのですが、言い過ぎたなぁ、怖がらせて従わせるのは間違っていたなぁと思って謝ると、いつもすぐに許してくれます。 逆に子どもが謝ってくれた時、すぐに「いいよ」って言えないのは親のほう(汗) 乳幼児期の子どもはまだ、親の存在なしに一人で生きていくことが困難だから、親のことを許してくれるのかもしれませんが、それだけじゃないような気がしてなりません。 子どもには本当に、本当に、大人を癒し、大人に気づきを与えてくれる力があるなって、私は感じています。

ギフト3:人それぞれが、違う才能をもつ素晴らしい存在であること

私は子どもを授かってから、他人に対するキャパシティが格段に広がりました。 それまでは、仕事においてもプライベートにおいても、すべての基準が自分であり、それと違う基準である人に対して、常識がないとか、努力が足りないとか、忍耐力が足りないとか、そんな風に感じることが多かったのです。 けれど、子どもを育てながら、何度もその基準が故に、イライラしたり、罪悪感を感じたり、母親としてなんてダメなんだろうと落ち込んだりしました。 子どもに対して、こんなダメな母でごめんね、と何度も思いました。 そんな苦しい中で、プレシャス・マミーや、勇気づけの子育てを学び、自分の基準は育った環境や、何らかの外部要因から自分を守るために「こうしなければ」と思い込んだのもであり、他人とは違うということを知りました。 違うんだ、違っていいんだ、と思えたら、なぁんだ、そっか、と、自分の基準に縛られなくなり、そのフィルターを介さずに、人を見ることができるようになりました。 これがきっかけとなり、ウェルスダイナミクスという考え方も学び、実践を繰り返しながら、より一層、人それぞれが違う才能を持つことを実感できるようになりました。 社会人生活において、人を理解するために、とても役に立っています。

まとめ

母親にならなければ、知らないまま人生を過ごすことになったであろうことが多すぎて、本当に子どもはギフトだなと感じています。 もちろん、女性にとって、母親になる選択がすべてではありません。 独身だって、子どもを授からなくたって、上述したようなことに気づく人もいます。 けれど、私の場合は、母にさせてもらえたことがきっかけで、自分のことも、他人のことも理解できるようになってきたので、本当に気づきをたくさんギフトとして与えられたなぁと感じています。 改めて、ここで、子どもの存在に、感謝したいと思います。 ありがとう。

Follow me!

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031