育児にも仕事にも悩むけど、笑顔の自分が一番好き。そんなママを目指して♡

menu

笑み咲くキャリア

転職で一番役立った、前職での経験、スキル

異業種に転職して3ヶ月。 ふとしたことから、一番役に立った前職での経験、スキルって何?と訊かれることがあったので、振り返ってみました。

役立つのは技術スキルではない

前職は歴史ある上場企業、今はスタートアップと言われるベンチャー。 業種も異なります。 扱う技術分野も違います。 組織の構造も違います。 技術的なスキルは役に立たないことはわかっていました。 でも、大丈夫、と思えたのは、 ・わからないことを、わからないと聞ける ・周りの会話から、課題や悩みを見つけられる ・自分で仕事を見つけられる この三つは、できると思ったから。 なんだ、そんなこと?って感じかもしれませんね(笑) でもこれが、意外と役に立っています。

指示は待たない

前職で、放任主義の上司の下で育てられたからか、自分が何をやるべきか、自力で考えることが自然と身についていました。 考えた結果、やろうとしていることが、OKかどうかの確認は必要です(笑)誤解なきよう。 能動的に自分ができることを探し、わからないことを聞きながら仕事をしていくスタイルは、異業種への転職に対するハードルを下げてくれました。 その結果、自分では想像もしなかった仕事に転職できて、運もよかったとは思いますが、異業種、異業界を候補から外さなかったことも、大きいかなと。 特に、スタートアップと言われるベンチャーには、前例や慣習に従ってやるというより、それらがないところから作り上げる面白さがあります。 時短勤務での働き方だって、前例がないわけです。 「やっていけるかな」 「時短勤務って理解されるのかな」 「また後ろめたい思いをするのは嫌だな」 こんな想いが頭をよぎりはしましたが、すごく前向きな言い方をすると、 前例がないというのは、誰かと比較されないため「そういうものだ」と捉えてもらいやすいのですね。 罪悪感や不安って、前例を作った誰かや、過去の自分と、現在の自分を比べることによって生じるもの。 比較対象がないのは、自分が前例を作っている責任感はあるけれど、実際そうなってみて、比較されない楽さは、確実にあります。

まとめ

転職する時、自分のスキルが新たな職で活きるかを考える人は多いと思います。 その時に、専門分野があればあるほど、そのスキルに縛られて、マッチ、アンマッチの判断をしてしまいます。 同じ業界、職種で転職したい場合はそこにこだわるのは当然ですが、選択の幅を狭めてしまうと、新しい経験やチャンスを見逃してしまう可能性もあって、もったいないな、と私は思います。 子育てをしながら、転職先を探す場合、それだけで、制約があります。 その限られた中から、幸いにも制約ありの働き方に理解が得られる場所を見つけるには、広義にスキルを捉えるといいのではないかと思います。 専門分野が違っても活かせるスキルや経験は、必ずあります。 転職を考えているけど、一歩が踏み出せない働くママ達へ、少しでも勇気を届けられたらいいな。

関連記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031