育児にも仕事にも悩むけど、笑顔の自分が一番好き。そんなママを目指して♡

menu

笑み咲くキャリア

3回めの肘の脱臼(肘内障)

4歳の娘が、3回目の脱臼をしました。
初めて脱臼した時、私はそれはそれは、慌てふためき、なぜかすごく自分を責めました。
けれど、3回目ともなると、
「あ、また外れちゃったんだ、痛かっただろうな」
「でも、はめてもらえば治るから、大丈夫」
と、落ち着いたものでした(笑)

初めての育児では、子どもが風邪を引いたり怪我をすると、心配であたふたしてしまう人も多いと思います。
心配は、なくなりませんが、多くの事例を知っていると、落ち着くことができます。
育児休暇からの復帰を予定している働くママたちに、ひとつの事例としてお届けします。

通勤中に保育園から電話が!

保育園に登園後、1時間ほど経ち、私は通勤電車の中。
着信があり、なんだろうと思って見ると、保育園からの電話でした。

え?熱?今朝は何ともなかったのに・・・?
まだ会社に到着してもいないのに、お迎え?
今日は会議があるのにどうしよう。

そんなことを思いながら、電話を取ると、
「受け入れの時に、少し腕を引っ張ってしまったようで、左肘が脱臼したかもしれません」
と、担任の先生から言われました。

良かった、熱じゃなかったんだ、でも、今から戻ってお迎え?

と思ってどきどきしていたら、
「前にも脱臼したことがあると知っていて、気をつけていたのに申し訳ありません。
 いつも行く病院、どこですか?
 こちらで連れて行きます」
と、心強い先生のお言葉!!

かかりつけの整形外科を告げ、心配ではあるけれど、まぁ、処置してもらえば大丈夫だと思いそのまま私は出勤しました。
そして、早退することもできず、残業して、いつもより遅い時間にお迎え。

娘は
「今日、先生と病院に行ったの!
 行ったことある病院だったよ!
 痛かったけどがんばったの!」
と元気よく話してくれました。

よかった、よかった。

娘の脱臼歴

1回目は 2歳後半
2回目は 3歳後半
3回目は 4歳半

一年に一度のペースです(笑)
初めて脱臼したのが左肘だったので、多少くせになっているようで、毎回左肘。
ちなみに、正式な症状名は「肘内障」と言うそうです。

1回目は、寝起きに主人が娘を起こそうとして、両腕を軽く引っ張ったら「痛い」と泣き出し、左腕が上がらなくなり、指先に力も入らなくなりました。
だらん、と左腕を下げていると痛くないようだったので、主人も私も脱臼とは思わなくて、普通に登園。

保育園から呼び出しはありませんでした。
娘もまだ2歳後半で、その時うまく話せなかったのか、たまたま、1日の行動で痛い場面がなかったのか、わかりませんが・・・
でも、私は仕事中気になって仕方なかったので、早退させてもらいお迎えに行きました。
まだ腕が痛いと言っていたので、整形外科を受診。
脱臼だとわかり、処置してもらい帰宅しました。

けれど、夜寝る時にまだ痛がり、何とか痛くない体制を取りながら眠れたものの、私は心配で眠れず、乳幼児の脱臼について、夜な夜な調べまくりました。

小児肘内障(しょうにきゅうないしょう):参考サイトはこちら

翌朝もまだ痛いと言うので、仕事を休み、保育園も休ませて再び整形外科へ。
違う先生に診てもらったら、前日の処置が十分でなかったみたいで・・・
きちんと処置してもらったら、娘の表情がみるみる明るくなり、いつもの元気いっぱいな娘に戻りました。
ママとお休み、というのも嬉しかったようで、治った後は公園で遊んだり、楽しい1日を過ごしました。

2回目は、私が用事で出かけていた土曜日でした。
主人と習い事に行った娘。
その日は習い事にいく気分が乗らず、いつも一緒のママもいなくて、かなりぐずったようです。
主人が、ぐずる娘を落ち着かせようと、諭しながら暴れないよう押さえる中で、娘の腕を引っ張る場面があったのでしょう、その場でまた左肘を痛めました。

習い事は中断し、帰宅する途中で整形外科を受診し、脱臼とわかりました。
主人は、1回目の経験から即判断してくれ、すぐに整形外科で処置してもらえたので、私が帰宅した時には何事もなかったかのようでした。

3回目は、保育園で、つい先日。

登園時に少しぐずり、座り込んでしまった娘を、先生が立つよう促しながら、腕を引っ張った時に・・・。
気をつけていても、起きてしまうものなんですね・・・

まとめ

病気や怪我に、神経質になり過ぎると、親はとてもしんどいです。

私は、娘が0歳の時の乳児湿疹に始まり、RSウィルス感染、マイコプラズマ肺炎、鼻風邪、喘息、オムツかぶれ、あせも、虫刺されの異常な腫れ、など、毎回、本当に心配でたまりませんでした。

子どもの生命力を信じていれば大丈夫とか、こうやって丈夫になっていくものだと聞いても、心配する気持ちは払拭できませんでした。
だって、小さな体で、発熱してフウフウしていたり、息苦しそうに咳をしたり、泣いたりするのだもの。

でも、とことん心配しつくして、わかりました。

親も、初めての経験をして、成長させてもらっているのかもしれない。
娘からの「今は大変だけど、心配してくれているけど、大丈夫なんだよ」というメッセージなのかもしれない。
心配性な自分を知り、その状態から脱するトレーニングなのかなと。
前向きすぎますかね(笑)

関連記事

2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728