育児にも仕事にも悩むけど、笑顔の自分が一番好き。そんなママを目指して♡

menu

笑み咲くキャリア

仕事に対するモチベーション維持のためにできること

出産後、時間制約のある働き方になり「軽め」の仕事の担当になったり、部署が変わったりすると、仕事に対するモチベーションが下がることがあります。
その変化に、どのように柔軟に対応していくか、これから復帰を考える人、現状に悩む人のヒントになればと思います。

モチベーションが上がるのは、どんな時?

まず、あなた自身のモチベーションは、どんな時に上がるか、自覚してみましょう。

過去の仕事を振り返り、やる気に満ちていた時や、困難なことがあっても頑張れた時の状況は、どんなでしたか?

仕事内容、同僚、上司、立場、勤務地…
周りから認められた瞬間のことも、思い返してみます。

一つしかなくてもいいのです。
大した内容でなくてもいいです。

私の場合は、

「この仕事と言えば◯◯さん」と名指しで周りに認識してもらえて、
上司は困った時に相談に乗ってくれるけど、細かい指示はせず、任せてくれて、
同僚とは、雑談も、おバカな話もしながら忌憚なく意見を言い合えて、
チームで仕事していて、
メンバーそれぞれの特性を見ながら仕事の割り振りができて、
「頼りにされてる」ことを感じられて、
勤務地は、通勤片道1時間くらいで、
近くにおしゃれなランチスポットがあって、
たまにはパァーッと飲みに行くのに付き合ってくれる人がいて、

などなど(笑)
書いてみたら意外とたくさん出てきました。

モチベーションが上がると、どんな行動になる?

その時、あなたはどんな気持ちで、どんな行動をしていたか、を振り返ります。

おそらく、楽しいとか、ポジティブな気持ちであることが多いと思います。
元気もやる気もありますよね。

行動としては、
新しい依頼も受け入れられる、
会議での発言が増える、
文句も愚痴も言うけど、本気でそうは思わない、
難解なことに遭遇しても前向きに取り組める、
などなど。

私の場合は、
職場の仲間との飲み会が増える
決断する場面での迷いが減り、決断スピードが速くなる
残業していても、毎日楽しい
こんな傾向があります(笑)

条件は常に十分満たされる、とは限らない

ここまでで、自分のモチベーション維持向上のために必要な条件がわかってきました。

では、リストアップした条件のうち、何かが欠けたら、どうですか?
モチベーションは、維持できますか?

・これは、なくても大丈夫
・これがなくなると、モチベーションを維持できない

と大きく2通りに分類できると思います。

そして、自分にとって大事な条件が、出産後の、時間制約がある働き方の中で、満たされるかどうか。満たされなかったら、どう感じるでしょう?

・全くやる気が出なくなる
・どうせ私なんか・・・と卑下してしまう
・戦力外通知を受けたような気分になり落ち込む
・くやしくてたまらない

こんな気持ちからは、早く解放されたいですね。

では、どうしましょう?

職場へ伝える

自分のモチベーションが上がる条件のうち、必須な条件を、100%満たせたら理想的ですが、50%でも満たせたら、どうですか?
やる気ダウンまでいかずに、目の前の仕事を淡々とこなし、OK、と思えますか?

いやいや、80%満たされないとダメだ、
やっぱり100%満たされないと、これだけはゆずれない。

いろいろな思いがありますよね。
人それぞれ、違うと思います。

いずれにしても、自分のやる気がダウンしないための必須条件については、職場の上司や同僚に、きちんと伝えておいたほうが、お互いに幸せです。
ただ、その伝え方が大切。
「私は育児も家事もしていて、働く時間に制限がある。
 仕事に対するモチベーションは、~~ということが満たされないと、維持できない。
 だから私の~~が満たされるために、何とかしてください」
このような伝え方は、相手のことをまったく考慮せず、ただ単に自分の思いを主張しているだけです。

そうではなくて、
「私は育児も家事もしていて、働く時間に制限がある。
 けれど、仕事をこんな風にやっていきたいと思っている。
 時間制約はあるけれど、精一杯そこは努力しようと考えているが
 ~~という条件が満たされると、さらにやりやすいので、
 検討していただけないでしょうか」
というようなお願い口調で伝えると、相手も受け入れやすくなります。

では、自分の思いが100%満たされなかった場合は、どうしましょう?

・仕方ないと割り切る
・ひとつでも多くの条件が満たされるよう、周囲の理解や環境を整える

誤解しないでいただきたいのは、ここで言う「割り切る」というのは、「投げやりになる」ことではありません。
出産前と同じでないことを受け入れる、ということ。
今まで仕事と家事をしていたのに加え、「育児」に関する時間が、単純に増えたのです。
一日は、24時間であることは、変わりませんから、仕事に割り当てられる時間が短くなったことで、
こなせる仕事量も少なくなるというのは、仕方のないこと。
そういう割り切りができているかどうか。

また、条件が満たされないことを、「他人のせい、環境のせいにしない」こと。
周りのせいにしている以上、現状は、何も変わりません。
どう変えたいか、変えるために自分がどう行動するか。
そこが一番大切です。

まとめ

自分のモチベーション維持のために、何が必要で、何が不要かを整理すると、「じゃ、どうする?」「私は、どうしたい?」と、次の行動につなげやすくなります。
ぜひ、次の行動を起こす勇気を出してください。

私が一番苦労したのは、出産前と同じでないことを受け入れることでした。
頭ではわかっていても、どうしても、過去の自分(=出産前の自分)と今の自分(=出産後の自分)を比べていまい、苦しみました。
でも、その苦しんで、悩んだプロセスは、無駄じゃなかったな、と思っています。
自分の価値観と向き合い確認できる機会になったから。

仕事は、楽しく、気分よくやりましょう!

関連記事

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031