ジョブ・クラフティングで自分らしさを見つけ、「やらされ感」を「やりがいのある仕事」に変えよう!

menu

笑み咲くキャリア

私が退職を決めたわけ

女性が退職を考えるきっかけについては、以前書きました(女性が退職を考えるきっかけ)が、今回は、初めて退職、転職をした私自身の、決断に至るまでのプロセスを書いてみようと思います。

待遇は良かったけれど

長く働いていたので、仕事のプロセスもわかり、やること、それに要する時間、難易度、ステークホルダーは分かるようになっていました。 作業効率も、それなりに出していたと思います。 周りの人たちにも、本当に恵まれ、味方ばかりでした。 お給料や福利厚生などの制度にも、恵まれていました。 その中でたったひとつ。 育児休暇から復帰してから、満たされない気持ちになってしまうことがあったのです。 それは 残業して働く人との競争で、私に勝ち目はない ということでした。

結局、評価が気になった

日頃の業務で、上司と約束した成果を上げていても、そもそも「約束した成果」の量や質に間して、いざという時に残業できる人と差がありました。 仕方ない、そういうものだ、と思っている気持ちに偽りはありません。 でも、上司と約束した成果を上げていても、組織内の評価の場面では、他者と比較されてしまいます。 上司と約束した成果以上のことをやった、と認めてもらえても、それが、他者を超えた、と認めてもらえることは、一度もありませんでした。 がんばりが足りないと言われれば、それまでです。 けれど、帰宅後の第二ラウンドがない人たちには、体力的にも時間的にも、かなわないと思いました。 私には、第二ラウンドも、大切な時間だから。

自分の思いから解放されたい

そういう場所で、いろいろもがきましたが、 「私にはできない」 「私にはできなかった」 「やれていた過去もあったのに」 と、考えてしまう自分。 こんなに、辛いものはなかった。 「あなたはできないね」 「できなくなって残念だね」 などと、 人から言われたわけではありません。 結局は、私は自分の内なる声を無視できるほど、鈍くも強くもありませんでした。 これ以上、この場所に居たら、私が私でなくなってしまう。そうなる前に、離れよう。 そう思いました。

最終決断を後押ししてくれたのは

これね。。。なんと言っても、家族の言葉なんです。 事情や私の気持ちをよく理解してくれている主人から 「結局は、自分がどうしたいのか、だと思うよ」 「『できない』と思いながら仕事をすることが、人一倍、嫌な人だって、知ってるから」 娘には、今のお仕事で私が感じていることを話したときに 「ママ、おしごと かわるの、いいとおもう!Good Job!」 二人のこの言葉がなければ、満たされない気持ちを抱えたまま、動かなかったかもしれません。 大切にしたい家族のために、私が満たされた気持ちを取り戻すために、今が動くときだと思いました。 本当に、感謝です。

Follow me!

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031